Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 23:31:06 «edit»

Category:茶筒

今期最高の茶筒アニメでした 

             WS000814.jpg

――タツノコ劇場終わっちゃいそうで、寂しい思いをしながら一日働いてました。


 あ、新しくリンク追加させて貰いました。Twitterのフォロワーさん、クドウさんのブログです。

 『明日夢みて』http://tfmf-1988.jugem.jp/?eid=179&guid=ON

 お、ガッチャマンⅡの名曲。生きることそれだけで素敵な夢ですね。


 ちょうど良い、今日はタツノコ作品の話なので。


というわけで『ジェネレイターガウル』

 全12話、見終わりました。


 いやあ……心と茶筒が震える一作でしたね。こういう作品が改めて視聴できる環境に感謝したいところ。


 本作は1998年の作品。真夜中に放送していたモロ深夜アニメなのですが、知名度的には、90年代から増加の一途を辿る深夜アニメのうちのひとつとして特別取り立たされる事もないイメージではあります。

 しかし、こうやって見ると実に良く出来た作品であり、テーマも構成も『タツノコらしさ』に溢れた正統派作品だった事が分かります。



 監督は『地球防衛企業ダイ・ガード』『鋼の錬金術師(2003)』『はなまる幼稚園』『機動戦士ガンダムOO』を手がける水島精二監督。
何気に今作が監督業としては初のクレジット作品になるかと。

 シリーズ構成に、監督同様『地球防衛企業ダイ・ガード』のSF設定等を手がけられたきむらひでふみさん。
 個人的には『キディ・グレイド』及び『キディ・ガーランド』、『機神大戦ギガンティック・フォーミュラ』の原案から携わっておられる方というイメージ。

 構成サブには『勇者シリーズ』『フルメタル・パニック!シリーズ』等で手腕を振るっておられた志茂文彦さんが。って、志茂さんも『地球防衛企業ダイ・ガード』のシリーズ構成じゃないですか。

ガウルってダイ・ガードだったんだ!!(極論)



 いわゆるクリーチャーヒーローのひとつで、個人的にはガイバー辺りが思い出される系統。『勇者指令ダグオン』のキャラデザを担当されたオグロアキラさんによるキャラクターは個人的に親しみやすかったです。というかオグロさんがキャラデザをメインで手がけたのってダグオンとガウルだけになるのかな。


 98年以降も精力的に活動を続けておられる精鋭陣が揃ってますね。
 割愛させて頂きますが、大畑清隆さんもりたけしさんなどなど、演出やらコンテ・原画やらでスタッフ陣が軒並み豪華です。実際、戦闘シーンはOVA並の作画レベルを誇ってました。
 演出のセンスも光るものが多く、終盤の市街戦などは怪獣物に近い重厚感と演出がなされていて、ワクワクが凄い。かっこ良くて何度も見てしまいました。


 未来・現在・過去が絡み合う時間逆行とタイムパラドクス、ジェネレイターと呼ばれる生物兵器同士の激突とその誕生経緯、節々に仕込まれた伏線の数々がラスト2話で怒涛のように一本に纏まっていく様は、1クールアニメかくあるべきともいえる構成でした。
 後半になればなるほど週1話しか見れない事がもどかしくて仕方なかったのは久しぶりでしたね。


 全体的にシリアスカラーを貫きつつも、

・コミカルで温かな人間関係が生まれる序盤

・パロディ細胞がエクソジェネレイトしていた5話

・後半になるとやたらと精神に突き刺さってくる陽気なED

・大家といえば親も同然・店子と言えば子も同然

・うどんの兄貴マジ兄貴

・弁当はおふくろの味

・ポケベル強靭すぎ

・望んだ形の世界にするんだ行くぜオルソン


 ――など、テンション上げ下げの塩梅も適度です。


 1クール物ということ、構成の密度を踏まえると、一気見向きな作品かもしれません。
 未見の方は是非一度視聴をおススメしたく思います(故にネタバレになるであろう内容の話は上記のみに止めます)。
 

 こういう作品が改めて認知されるのは嬉しいところです。

 しかし、タツノコは本当に『時間』を使うのが好きだなあw


ジェネレイターガウル DVD-BOXジェネレイターガウル DVD-BOX
(2000/01/21)
林延年

商品詳細を見る
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/94-1ec1af2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。