Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 04:41:00 «edit»
             smile-precure.jpg
 2012年のニチアサを笑顔でいっぱいにしてくれた

 シリーズ第9作『スマイルプリキュア!』

 最終回となりました。



1296344973421.jpg



 今こんな顔してます。


 終わりましたねえ、終わってしまいましたねえ……早いよ、早すぎるよ。スレッガーさんでもクーガー兄貴でもいいからこの早すぎる感覚を何とかしてくれ(加速する可能性が濃厚)。



 『スマイルを絶やさなければ必ずハッピーな未来がやってくる』というのが本作のテーマでした。

 『笑顔』は生きる基本だから、なんて言葉もあります。重要な事です。

9n2jef.jpeg


 東日本大震災などの出来事を受けてこういったテーマが設けられたようです。
 前作『スイート』でもシナリオの細部に影響が及んだとの話でしたが、『ウルトラマンサーガ』などをはじめとするヒーロー・ヒロイン作品はこういう時こそ、生きる基本を改めて主題において見つめ直してくれる。だからこそ、大人達の心に響き、子供達の思い出になっていく番組足りえるのかもしれませんね。

 


 さて、真面目な話はさておき。




 本作はとことん明るいカラーで展開されました。
 もちろんプリキュアシリーズの血を色濃く受け継いだ作風やキャラクター性は、女の子達の騒がしくも楽しい日常と、思わず唸る激しいバトル要素でしっかり継承されていましたが、いやはや本当になんというか……




 頭ウルトラハッピー
としか言いようがない回も多々ありましたね。


3f542aa0.jpg



 初代『ふたりは』から見続けている者としても眼を疑うような要素の投入や、やりすぎだろwwwみたいな笑いへの気合、誰に向けてんだと言いたくなるシュールさなどで何度も声あげて笑わされました。

 時にカオスと言われるまでに混沌とした笑いを提供してくれる中、笑顔を大切にする作品だからこそ、その反対である悲哀もまた色濃く描かれていたように思います。

134054328976413106554_2019.jpg


ジョーカーさんエグい!エグいよ!


 マジョリーナさんの作戦等も笑えるものから薄い本が厚くなるもの、洒落にならないものまで幅広かったですねー。なおちゃんの家族を攻める回とかファントムさんも引き気味だと思うの。

20120716122415.jpg
A_4mPZLCEAAPVTN.jpg


 そんな要所で見られる『バッドエンド』に対する否定などは流石はプリキュア、中の人たちの鳥肌物の熱演で魅せてくれたりと"大切な基本"は揺るぎませんでした。

1347753203871_20130202234136.jpg


 そのいつも以上に広い振り幅こそ『スマプリの味・魅力』であったと思います。
 年相応の恋愛、スポーツ、趣味の話から世界の命運を賭けた戦い、漫画、変身ヒーロー、巨大ロボまで!(ほぼやよいちゃん絡みじゃねえか)

112396695.jpg
4ea6490fdf134c1c61e896c0faac26a4.jpg
1346543482635_20130203001427.jpg
supvol41-sohta01.jpg
1350171035511.jpg
3d5f779e_20130203004929.jpg


 この幅広い要素を許容出来る大きな器こそスマプリの良さでしょう。マジで幅広い。ヤバイ。

 テレビの前の人を笑顔にするためなら手段は選ばないとでも言わんばかりの芸人魂に基づく特盛りチャーシュー増し増し替え玉込みで野菜タワーが出てきたみたいなぶち込み具合は、ある意味今までのプリキュアシリーズが暗黙の了解的に守ってきたボーダーラインをまたひとつ飛び越えて可能性の裾野を広げてくれた印象です。

 個人的にはハトプリで感じた「プリキュアでここまでやっていいんだ!?」

 1287278051882.jpg


という感覚の新たなベクトル、可能性の拡大を感じました。


 そんな楽しさに溢れた作品、最後がウルトラハッピーで終わらなければ嘘だと思ってましたが、そこは裏切らない。

1a95d05a.jpg
178fe531.jpg
7a3ecb46.jpg


 圧倒的絶望を覆すのは、輝く未来を信じる心の笑顔――

 ある意味その頂点とも言える演出を既に完成させていたASDX3をなぞる最終回の展開は、スマイルプリキュアがASNSを経て、確かに歴代プリキュアの光を手渡された存在である証明になったと思います。


 最後にキャンディが"お星様にお願いして帰ってこれた"のも、七夕回である第21話『星に願いを!みんなず~っと一緒!!』でみゆき達がキャンディに「お星様に願えば叶う」ことを教えてくれたからだと信じています。

gf.jpg

その奇跡は、確かに五人とキャンディの絆があったからこそ。だから最後は、あの時みんなで星に願った通りの"みんなず~っと一緒のウルトラハッピーエンド"だったと。


『明るく、楽しく、輝く未来を信じて疑わない事……何かを失ってでも何かを守るのではない、出来る事を全部やって全部を守りたい』

 いつしか大人になると出来なくなってしまう、そう欲張れることこそが、大人でもない子供でもない中学生である彼女達の強さであり特権。これが真正面から描かれるからこそ、プリキュアシリーズが大好きです。

1351382130455.jpg



 ――9年目のプリキュアも駆け抜けていきましたねえ。
 今はまた春にもう一度会えるのが本当に嬉しい事です。NS2でスマイルプリキュアが、また次の世代へ光を手渡すのを見届けましょう。



 そんなわけで!次週から始まる記念すべきシリーズ第10作!

『ドキドキ!プリキュア』!!

Kotaku_201212_precure_dokidoki.jpg


 ついに2桁の歴史を刻むプリキュアシリーズ、その名を受け継ぐ新たな伝説の戦士達の活躍に期待せざるをえません。


 さあ、10年目だ!全てを破壊し、全てを繋げ!!(おい止めろ!

kvl.jpg



 『最高のスマイル』で見れた

 スマイルプリキュア!

 一年間ありがとう&あいしてる!



723144241.jpg

みんな笑顔でウルトラハッピー!!
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/83-a2baeec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。