Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 22:30:08 «edit»

Category:戦隊

超電子バイオマン 第37話/第38話 

               超電子バイオマン


 超電子バイオマン 第37話『殺し屋シルバ!』
 キタ―――――――――――――!!

 というわけで待ちに待った第37話です。バイオマンといえばイエローフォーの殉職と並んでここからの展開が有名な訳で。そんな僕らの期待に応えてやって来ました白銀の殺し屋、その名も。

WS000002_20121101222737.jpg
WS000003_20121101222736.jpg


 バイオハンターシルバ!


 いやあ、カッコイイなあシルバのデザインは!昔から大好きです。このシルバーハカイダー(こういうと弱そうなのは01のせい)とも言うべきデザイン。実際デザインを手がけた出渕さん自身がハカイダーをリスペクトしたと証言しているのでかっこ良くないはずがない。

 突如としてネオグラードの格納庫を襲撃する銀色の影。ネオメカジャイガン・カノンメガスを見て「違う!これも違う……!」
 開幕ギアのとばっちりです。いきなり現れていきなりメカクローンを破壊しいきなりキレる、バイオハンターまじ恐ろし。

 おまけに目的のものと違うくせにカノンメガスを奪って逃げるシルバさん。なんでや!ギア関係ないやろ!というかビッグスリーしか操れないはずのネオメカジャイガンを動かすとかどんだけ。
 さらに街でカノンメガスを暴れさせる容赦の無さ。殺し屋伊達じゃねえ。完全にノープランですよこの人。

 緊急事態にバイオロボを持って現場に駆けつけたピーボ。しかし、カノンメガスのコクピットから反バイオ粒子反応を感知して焦ります。「あいつが地球に来ていたのか……!?」

 うん、前にドクターマン様が自力で反バイオ粒子制御して『バイオキラーガン』作ってきたの完全に忘れてるよねピーボ。

 暴れるカノンメガスを止めたのは追って来たサイゴーンさんのデスビーム。死の光線ネオメカジャイガンの動き止められるんすか。万能っつーかなんつーか。不動念力で良かったんじゃないですかね。

 カノンメガスを強制停止させられておいて、何故か勝ち誇った高笑いでギアと郷さん達の前に現れる銀色の強奪者。メカクローンを専用武器『バイバスター』で蹴散らすと「バイオ粒子反応アリ!」と今度は郷さん達の方へ。


郷さん「お前は一体、何者だ!」

シルバ「バイオハンターシルバ!」


 
 まさかギア以外に自分達専用ハンターが出て来るとは予想してなかったであろう五人は驚愕。俺はワクワク。

「バイオ粒子反応を示すもの、生命体、非生命体の如何を問わず、破壊する!」

 林一夫さんのクールボイスが冴え渡り、バイオ粒子破壊宣言。カッケエエエ。


 その圧倒的な戦闘力。反バイオ粒子を含む『バイバスター』の攻撃を喰らえばバイオマンには致命傷。設定上はバイオキラーガン以上の破壊力のバイバスター、0.03秒の抜き撃ち速度、とギャバンでもピンチに陥りそうなスペック。400m圏内のバイオ粒子反応を感知する奴はまさに「バイオハンター」。

WS000008_20121101222735.jpg


 恐るべき敵の登場に退却したバイオマン。やつを恐れたピーボはバイオロボの中で震えまくり。

WS000009_20121101222734.jpg


 一緒にぶるぶる震えるバイオロボ。シュール。ピーボと連動しているようでいて、バイオロボ自体にも意思があるわけですからこのロボビビっとるで。
 下山不可の吹雪の中の山荘にコナン君達と一緒に閉じ込められたゲストキャラ並にキョドるピーボを落ち着かせ、奴が何なのかを問いただす郷さん達。

 ここでバイオ星のお話がようやく登場。遅かったなあ。


 バイオ星の人々は地球より優れた科学力を持ち、『バイオ平和連合』の名の下に平和利用を目的としてバイオ粒子を使用、栄えていたそうな。ピーボは本来その研究のサポートロボットだったとの事。

WS000012_20121101222733.jpg

 しかし、平和連合がバイオ粒子を兵器に転用するのではないかと危惧した人々は『反バイオ同盟』を結成。バイオ星は二つの勢力に別れて戦争を開始してしまう。その最中、反バイオ同盟の切り札として生み出されたのが、バイオ粒子に反応して徹底的な破壊活動を行う殺人ロボット『バイオハンターシルバ』と巨大兵器『バルジオン』だった。

WS000017_20121101222732.jpg
 
 結果、戦争はバイオ星の爆発という最悪の結果をもって終結。バイオロボとともに地球へと送り出されたピーボが唯一の生き残りとなった訳ですが、同じくシルバとバルジオンもまた、バイオ星を脱出していたのでした。


 悲しいお話ですが、反バイオ同盟が完全に懐疑心から戦争おっぱじめてますね。発展した科学はいつ人の心を離れるか分かりませんから、異論を唱える者が出てきてもおかしくはないですが。まあ基本設定に『地球に良く似た』っていう部分があるのが、なんとも皮肉が効いてる気も(S-1星的なアレだったらどうしようみたいな)。


 バイオ星滅亡の真実を語るピーボ、そんな彼らの目の前にシルバ登場。

 「バイオ粒子反応アリ!破壊!破壊!破壊!」
 
 『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』にゲスト出演した際に言語野のデータが破損してるのかと思うぐらい連呼していた台詞の原典です。あの時はライダー粒子反応でしたが。ライダー星が爆発したんでしょうか(新設定)。

 余談ですが、シルバは基本射撃武器『バイバスター』を使用して戦うスタイル。よって戦えば戦うほどビデオ合成の手間がかかり、シルバが最も破壊していたのはバイオ粒子反応よりも番組の予算だったとか。バイオ(マンという番組)ハンターシルバ恐ろし。


 そんなシルバから逃げるピーボに追うひかる。大体メカの世話(心通わし役)はひかるのお仕事。メカ人間とひかるの薄いフルート下さい。
 私たちをバイオの戦士に選んだのは誰よ、ピーボがこんないくじなしだなんて知らなかった!メイの馬鹿!もう知らない!(CV:日高のり子)という叱責を受け、ピーボは立ち上がります。恐怖を乗り越えたピーボ(グラサン装備)です。

 バイオロボとバイオマンが一心同体であるのなら、バイオマンと心を同じくするピーボもまた、バイオロボの兄弟。仲間の言葉を受けて、立ち上がれピーボ。蘇れバイオロボ(ビビってただけ)!

 発進したバイオロボはシルバとギア両方と戦うバイオマンの窮地を救い、メイスンが動かし始めたカノンメガスとも戦います。バイオマン達も乗り込んで安定のスーパーメーザーバイオ粒子斬り。近くで爆発するぐらいのバイオ粒子撒き散らしたらバイオハンターさん発狂するんちゃうやろか。

「地球をバイオ星のようにしてはいけない。ボクはこの星に踏みとどまって、最後まで戦うよ」

 良い決意だ(最悪、あのまま地球脱出まで考えてたって事かこの金色)


 ついに現れたバイオマン宿命の強敵、バイオハンターシルバ。バイオの戦士とそのハンターと新帝国、三つ巴の戦況が一層苛烈になっていくここからが見物です。



 超電子バイオマン 第38話『謎のバルジオン』


 ヴァルシオンならグランゾンの横で倒しました。

 
 前回、遥か宇宙の彼方よりやって来たアンチバイオ粒子の過激派ロボット・バイオハンターシルバの出現に衝撃を受けたギアとバイオマン。ドクターマン様はあの超スゲーロボットマジやべーよ俺も欲しいんですけど状態。俺たちがいるじゃないですか!と作戦の失敗率を棚に上げて言うビッグスリーの墓穴掘り機能を除去するべきだと思います。

 そんなん言うんやったらあの銀色のやつ捕まえてっ!というドクターマン様の指示によって今回の作戦が始まります。

 布木名岳という場所に謎の巨大ロボが出現したという情報を得たバイオマン達は現場に駆けつけますが、そこにいたのはシルバ。即座に交戦になりますがシルバは「今はお前達の相手をしている暇はない!」と宇宙刑事ばりの光の玉になって離脱。やっぱりメタルヒーロー枠じゃないか……(呆れ
 ピーボ曰く「シルバはバルジオンを探しているのかもしれない!」との事。バルジオン……一体どんなサーカスⅠなんだ……(ロンリー・チェイサー顔

 ピーボのテンション的にシルバがバルジオンに乗ってしまうと世界最後の日が来る勢いなので、それを阻止するために自ら銃を手に飛び出して行きます。お前は戦闘用ロボじゃないんだから調子n……無理すんなと言うバイオマン達ですが、前回ひかるに叱責された事でピーボの中で闘う決意が強くなっている様子。

「君たちの敵は新帝国ギア。ボクの敵はシルバ。ボクの敵とは、ボクが戦わなくちゃいけない。大丈夫さ、ボクはもう弱虫のピーボじゃない。君たちが勇気というものを教えてくれた」

 あ、死ぬわこれ。

 確実にピーボ退場フラグです。さらば宇宙戦士ピーボ~バイオ戦士たち~。
 ピーボにもしもの事があれば、バイオの力の事を教えてくれる人がいなくなる、バイオマンは終わりだ!と焦る五人。
 前回のバイオ星壊滅史もそうですが、その都度じゃなくてちゃんとバイオマンにバイオ粒子の事レクチャーしとけ。郷さん達も自分達の体の事なんだからもうちょい深く聴いとけ。

 その頃のシルバさん。どこぞの山中を探索中に落雷を目撃。近くの施設に落ちて惨事となっているところに出くわしますが、その施設から瀕死状態で逃げてきた職員に「どうした?」と尋ねると「見た事もない大きなロボットが……」と言い残し職員倒れます。「バルジオンだ!!」不確定な情報ソースに踊らされるタイプです。

 落雷落ちたらバルジオン(※バイオ星ではよくあること)。ある意味パートナーロボなのだから専用の交信電波とかバルジオン粒子反応とかないんでしょうか。
 シルバさんが案外普通に人と会話してるのはバイオ粒子反応を示さない相手となら別に敵対する理由も無いからでしょうが、戦争兵器としては少し意外な一面。ていうか職員もうちょいビビれよと思ったらメカ人間だったわ。罠だったわ。

 いざ現場に向かうとそこには巨大なバルジオンの姿とピーボが。ビビりながらも銃口を向けてきたピーボに「震えているぞ?それでは狙いが定まるまい」と舐めてかかるシルバ。「銃♂の撃ち方を教えてやる!」と♂バイ♀バスターをヌくとかもう完全にバイオ星の冬コミの内容決定ですわ。バイ男ハンターシルバ。
 瞬間、ファラがシルバ捕獲用に仕掛けていた罠にかかり鎖で縛られるピーボ。束縛プレイ本まで追加とか委託販売まで検討ありますわ。

 別の獲物がかかってしまい焦るファラさん達に向かってピーボが錯乱しながら銃を乱射。その一発が隠れてバルジオンの幻影を作っていたメッツラーさんを直撃。クソワロタ。
 消えたバルジオンの影からはバトルメガスというもう若干ネタ切れ感漂う名前のネオメカジャイガンが現れました。


 シルバ「バルジオンではない!!!」



 「お前はガンダムではない」の同義語です。
 

シルバ「よくも騙したな!!!」


 ブチギレ。よっぽどバルジオンを見つけたのが嬉しかったのでしょう。ブチギレです。

 予定外の事は起こるわ、シルバはキレるわで焦ったファラさんはピーボを連れて撤退。遅れてやって来たバイオマンに「ピーボを捕らえたわ、助けたかったら霧ヶ原までいらっしゃい!」と作戦通り感を漂わせた負け惜しみエコーを響かせて逃げます。

 早速ピーボを人質としてバイオマンを待ち構えようと準備するファラさん達のもとにビックリするぐらい即行でバイオマン登場。まだ準備出来てないのに来られてはどうしようもなく一瞬でピーボ奪還。ファラさん、解体ものの失策です。


 そこにシルバも現れます。

「バイオ粒子反応アリ!」

「シルバ、バイオマンはバイオ星人じゃない、地球の人間なんだ!」

「バイオ粒子反応アリ!」

「それはボクとバイオロボがバイオマンの先祖にバイオ粒子エネルギーを与えたからだ!地球を護るためなんだ!」

「バイオ粒子反応アリ!」


「シルバ、バイオ星の戦いを地球へ持ち込まないでくれ!シルバ!」

「バイオ粒子反応アリ!」


\こ い つ 会 話 で き ね え !/


 圧倒的に、清々しいほどに己の使命に忠実です。ていうかバイオ粒子の兵器転用を恐れた反バイオ同盟が造ったロボ相手にこのピーボの説得の無意味さは凄い。火に油、シルバにバイオ粒子です。
 そしてピーボを狙うバイバスターの一撃。それによりバイオマンもお怒り。

 レッドワン「ファラ、シルバ!共に許しはしないぞ!バイオマンが相手になる!かかって来い!」

 これバイオ星の戦争の再現じゃないですか?


 そして戦闘開始。とはいえファラを許さないのはシルバも一緒。俺のバルジオンをネタにしやがってマジ破壊破壊破壊!とばかりに対決しますが、拘束用の罠によって捕縛。ピーボが捕まるの見てたんだから学習しろ下さい。

ファラ「ドクターマン様に会ってもらいましょう」
シルバ「ドクターマン?俺を騙した男のことか」

 捨てられた女みたいな台詞のテンションに若干噴きましたが、ファラさんとともにネオグラードに転送されたシルバ。置いてかれたメッツラーさん、ファラとシルバへの怒りを込めたスーパーエレクトロンを一身に喰らって負けます。先々週もやったけど、メッツラーさんかわいそうやろ……【定期】。
 そこにバトルメガスに乗り込んでネオグラードから帰ってきたファラさん。だからメッツラーさんかわいそうやろ……【口癖】。

 今週の巨大戦。
 バトルメガスつよい!やばい!これはピンチダー(棒)→スーパーメーザー!スーパーフラッシュ!(剣発光によるうおっまぶし技)→安定のバイオ粒子斬りで勝利

 新帝国で経費削減が始まったら間違いなくネオメカジャイガン関係から削られそうな消耗率です。まあドクターマン様の趣味代として落ちるんでしょうが。


 ギアへと連れてこられたシルバは敗北するバトルメガスを見て「お前のロボットでは勝てぬ!バイオロボを倒せるのは俺のバルジオンだけだ!!」と高笑い。凄い自信です。そのバルジオンはというと、バイオ粒子反応を求めて500年間宇宙を彷徨い、地球に辿り着いた際に大気圏突入のショックで別れ別れになってしまったんだそうな。

 バルジオンのコクピットに乗ってたシルバさんが大気圏突入で別れ別れになるって……あんたそれバルジオンに放り出されてないか?

 地球上の何処かに必ずバルジオンがあるというシルバさん。ならそれをわしが探してやろうと協力体制を取り付けようとするドクターマン様に「それはご親切な事だね」と言い放った瞬間、拘束具を引きちぎりネオグラード基地内で暴れ始め、次々と幹部達を蹴散らして去るシルバさん。一匹狼に憧れる年頃なのでしょう。


 シルバとの協力作戦も決裂(そらバルジオンネタにして騙したら怒るやろ)。なんとかギアの戦力アップだけは免れましたが、三つ巴は続きます。果たしてこのバルジオン争奪戦、どうなっていくのでしょうか。それにしてもバルジオン……一体どんな超重神なんだ……(G因子サンドマン眼
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/62-93b657ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。