Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 01:16:39 «edit»
※ネタバレを含みます。ご注意下さい。

F1020944.jpg
 10/20(土)、色々映画を見るために有休取って遠出して来ました。

 一つ目の映画……というかこれがメインディッシュだったのですが。

『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』

 見てまいりました!


 いやあ……宇宙刑事は超かっけえなあ……!

 宇宙刑事との出会いを思い返せばそれだけでひとつの記事になってしまうので割愛しつつも、子供の頃に見たあの銀色のヒーローが今になって単体で映画化されるなどとは――希望はしまくってましたが――実現するなんて思ってませんでした。

 そんなギャバンも今年で30周年という事で記念映画と相成った訳です。

 しかもただの復活映画ではありません。大葉健二さん演じる一条寺烈から、石垣佑磨さん演じる十文字撃へと、『ギャバン』の名が継承される、時を越えた襲名劇です。

 かの名挿入歌『スーパーヒーローぼくらのギャバン』に歌われる歌詞に、
「ギャバン いつか僕たちも ギャバン 仲間になるのさ 地球を宇宙を駆け巡り 幸せを守り平和を作るため」というのがあります。
 かつてドラマの中で描かれた父から子へ……次世代へと継承される思いは、既に30年前にこう歌われていました。ならば、ギャバンの名が受け継がれるのもまた、必然の事だったのかもしれませんね。


 ところでギャバンの名前が襲名制である事に驚いている人も多かったのですが、シャイダーも『伝説の戦士シャイダー』にあやかっての命名でしたし、銀河連邦警察においてはあくまでコードネーム的な扱いなのかも。マカロニとかジーパンみたいな(どっちも死亡フラグ)。

 既にゴーバスに出てた撃ギャバンですが、時間軸的にはこちらが先に当たるのでしょう。撃が宇宙刑事として認められるまでの"ストーリー0"的な内容でした。


 十文字撃とその幼馴染み達のドラマを主軸に、宇宙犯罪組織マクーの復活を阻止せんがため、撃、烈、そしてシャリバンの日向快、シャイダーの烏丸舟、4人の宇宙刑事が結集する!と、なんとも胸が熱くなる展開。

 快役にはゲキレンジャーの523こと三浦力さん、舟役にはレスキューフォースの石黒隊長やオーズの伊達さん役だった岩永洋昭さんというヒーローファン向けなキャスティングですね。

 というかメインキャストが全員特撮ヒーロー番組出演経験のある方で固められており、こういう点はかつてのヒーローを次世代に生まれ変わらせるためにファン向けの鉄板のメンツだなーと感心したり。


 何より嬉しいのがコム長官!西沢利明さんが来てくれましたよ!
 長官俺だー!富士の裾野で特訓してくれー!


 くわえて劇中に『大山エネルギー研究所』というものが出てきました。すぐにビクッと反応しましたが、やはりあの小次郎さんが創設した研究所との事。残念ながら鈴木正幸さんのご出演は叶いませんでしたが、これだけでも嬉しいサプライズです。良かったね小次郎さん!UFOじゃなくなってるけど!


 こういう旧来のファン泣かせなサービスもありつつ、とびきり色あせないのが大葉さんのアクション!これに尽きます。もう、果たしてこの人が57歳だと言って信じる人がどれだけいるのか?と思えるキレッキレのアクションを披露していただきました。ボンネット転がるところかっこ良すぎて俺のドルからレーザーが漏れました。

 さらに撃を叱責するシーンの迫力と、一緒にアドリブ全開で動き回る魔空空間、撃が二代目になれるようにグズグズするなよと背中を押す力強さと優しさ、そして移動はジムニー!紛れもなく俺達の好きな「烈ちゃん」でした。


 三人揃った宇宙刑事が共に戦う画というのも、シャイダーの最終回の勢ぞろいを経て、ついに実現。今の技術で造られたキラッキラのメタルボディで揃い立つ宇宙刑事のかっこ良さに「ああ……宇宙刑事!!メタルヒーロー!俺達のヒーロー!!」と拳を握らずにはいられません。シャリバンクラッシュのかっこ良さにはダブルモンスターよろしく脳天から真っ二つに叩き割られた感すらありました。


 上映中、子供たちから上がる「ギャバーン!」の声も嬉しいもの。
 かつての子供たちの瞳に輝いていた銀色の煌きは、30年の時を経て、新たな世代の子供たちの瞳の中で煌いていました。
 ヒーロー不滅。ヒーローが次の世代の中で生き続ける限り、『伝説』は『不滅』になっていくのでしょう。そういう映画でした。そう願わずにはいられません。

 これを足がかりに、宇宙刑事シリーズ、ひいてはメタルヒーローシリーズが再びなんらかの形で蘇ってくれる事を祈ります。

 40周年、50周年……その時になっても、光の速さで、光を越えて、俺達の憧れの一足先にいる『不滅』のヒーローであって欲しいですね。


 その時が来たらまたみんなで叫びましょう。

 あばよ、昨日 よろしく、未来!

  『蒸着!!』

F1020943.jpg

 
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/56-1d9f3275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【俺はここだぜ一足お先】

※ネタバレを含みます。ご注意下さい。

2012/10/25 01:50 | まっとめBLOG速報

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。