Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 06:09:06 «edit»
            124394886393816111854_20090603c.jpg
    この世に悪のある限り、正義の怒りが俺を呼ぶ!

             破裏拳ポリマー!
 
              ここに参上!



破ッ!裏ィッ!けえええええええええんッ!!ポリマーッ!!


 風切る鉄拳でのさばる敵を一捻り、闇を破って現れる破裏拳マークの正義の男
『破裏拳ポリマー』全26話、見終わりました。

 タツノコ50周年を記念し、タツニコで配信されていた本作、本編を見るのは実に何年ぶりでしょうか。かなり前に飛び飛びで見たのですが、あの時に感じたポリマー面白いという印象を今再び再確認する結果と相成りました。


 いやあ、強い!!


 とにかく痛快なまでにポリマーが強い。存在が勝利フラグ。
 毎話入れ替わり立ち代わりで悪の組織が現れましたが、そのほとんどがポリマーが出てきたら負け状態であり、幾度かポリマーの弱点を突こうとした連中もいましたが、力技で(ここ重要)切り抜けられたり、勘違いで大量虐殺したりと今ひとつ成果が上げられないままに曽我部和行さんの素晴らしい雄叫びとともに叩き伏せられるのがなんとも爽快。


 ポリマーが圧倒的……本当に圧倒的なヒーロー性を見せる傍ら、彼の正体である鎧 武士(よろい たけし)【本名:鬼河原 武(おにがわら たけし)】は、探偵の助手ながらお調子者で頼りにならないへっぽこ青年。という演技。苦労人ですwそんな彼の周りを彩るキャラクター達こそこの作品の魅力の骨子。


 車探偵事務所の所長、車 錠(くるま じょう)。自称「二代目シャーロック・ホームズ」。
 いやはや、今作においてポリマーより好きって人も少なくないんじゃないでしょうか。演ずる青野武さんの遊び心とセンス、多彩な演技力に支えられた屈指の名キャラクターです。
 青野さんのコミカルな演技がそのまま活かされており、そのアドリブの数々に本気で腹の底から笑わせて貰いました。いやあ、この人をずっと見ていたいw


 車探偵事務所の電話番にして、事務所が入っているビル『No.1ビル』のオーナーである少女、南波テル。
 タツノコ4大ヒーローのヒロインであるガッチャマンの白鳥のジュン、キャシャーンの上月ルナ、テッカマンの天地ひろみに連なる少女ですが、設定上は完全に一般人であり、悪人と戦う運命も使命も背負ってはいない彼女。
 しかしその実力は数々の悪人を素手で叩き伏せるレベルのものであり、ハッキリ言ってそこらのキャラより強いですwそれでいてかわいい。
 ポリマーにベタ惚れだけど、正体を知らないが故に武士には好意を示さない辺りがまた展開のコミカルさに一役買ってます。おもしれえなあこいつらw
 

 男爵。探偵長の飼い犬で元警察犬ですが今は老いぼれ犬。

 しかし武士の正体を知る唯一の存在で、この物語の語り部的存在というか、俺達視点のキャラというかw犬とは思えないポテンシャルの高さと理解力、完全にスーツアクターが入ってますこれ。
 彩りを添えるキャラかと思いきや、男爵おらずして勝利は無かった回などもあり、紛れもなく今作に必要な存在です。男爵が見せる武士との秘密共有感や、探偵長とのギャグコンビネーションは流石飼い主と飼い犬というか。同レベルのような気もしますがw


 国際警察庁長官で武の父である鬼河原虎五郎。通称、鬼虎。


 ポリマーのパパなのだ!と言いたくなる雨森雅司さんの演技が冴え渡り、妙なイントネーションの喋り方で幾度も笑いを誘い、探偵長との名コンビすぎるやり取りで何度腹筋が逮捕されたか分かりません。

 良き父でもあり、真っ直ぐな正義を語る息子と、現実の正義を執行する立場として意見を衝突させ、勘当同然で親子離ればなれになっている鬼河原家ですが、息子の所在には気を病んでいる様子。
 (メンツに固執してる場面もあり、もうポリマーを養子にしよう!とか言っちゃったり、息子のプレゼントを人にあげたりと武士が飛び出す理由も分からなくはなかったですがw)


 しかしこのポリマーという作品の縦軸には、この父と息子のドラマがあるので欠かせない存在です。いやはや、何だかんだと互いを気遣っている描写はグッと来ました。


 そんなポリマー、話のテンポと軽快さ、戦闘シーンの多彩さとタツノコならではの拘りの動きによる豪快なアクション、一話たりとも退屈させない造りは、これぞまさに王道娯楽作品でした。

 悪ののさばる世界を真正面から打ち破る、愉快痛快豪快な正義の鉄拳、無敵の嵐。問答無用の滾りを力いっぱい叩き付けてくれる爽快感、それを堪能したくなった時、また見たくなる作品でした。これほど改めてDVDが欲しくなった作品も珍しい!


 というわけで今週からはジリオン配信時より期待していた『未来警察ウラシマン』が配信開始!
 やったー!ミッナイサブマリーン!楽しませていただきましょう。


 世界に危機が迫る時、唸る鉄拳、破裏拳マーク。

 のさばる敵を一捻り。転身!転身!ポリマーマシン!

 悪を、斬る!



破裏拳ポリマー DVD-BOX破裏拳ポリマー DVD-BOX
(2000/09/22)
曽我部和行、青野武 他

商品詳細を見る

 
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/48-38f5e49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。