Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 07:04:08 «edit»

Category:ぼくらの兄貴

仮面ライダーストロンガー 第05話/第06話 

               WS000009.jpg

仮面ライダーストロンガー 第05話『ブラック・サタンの学校給食!?』
監督:折田至 脚本:松岡清治


 ゲルショッカー「給食に異物混入は基本」


 今回のブラックサタン、田舎の給食に毒カプセルを混ぜて子供に喰わせるという地味極まる作戦。今回の作戦担当、奇怪人トラフグンさんも学校業務員のおっちゃんに乗り移って地味な作戦行動。ある意味、こういう公になっても集団食中毒で終わるような小規模な作戦の方が怖いのかもしれませんが。

 作戦指示を出すタイタンさん「フフフ、明日の給食の時間が楽しみだ」迫真の小並感。

 しかし片田舎の地味な作戦であっても、ブラックサタンが関わっているとなれば口笛高くやってくる強い男は城茂。今週のTシャツは薄ピンク。
 この街には城南大学での茂のアメリカンフットボール仲間だった男が小学校の教師をやっているのだとか。茂が22歳ですから、まだまだ若い先生ですね。地味に過去の茂を知る人物が出てくる貴重な話ではあるのですが特に掘り返す訳でもなく、件の教師は子供と一緒に食中毒でベッドIN。

 その食中毒の原因はもちろんトラフグンさんが給食に混入させた毒。給食の中に!カプセルが!正木博士、お許し下さい!(電ショック
 地味に衝撃だった給食を口にした小学生の言葉「先生ぇ……!お茶に毒がァ!」超速理解です。


 現れたストロンガーに電気技で攻めたてられたトラフグンさんは逃げ帰りますが、帰ったら帰ったでタイタンさんの雷(おいかり)が落雷。

タイタン「誰が戦えと言った!お前の目的はただひとつ!次の給食室に潜り込んで、給食に毒カプセルを仕込む事だ!」

 モチーフがトラフグという点はやはり毒持ちであるからなんでしょうが、別にカプセルにするなら混入させる仕事はトラフグンさんじゃなくても良いだろうに、目的の狭い奇怪人だなおい。

 トラフグンの行動を読み、給食センターへと走った茂は出発しようとする給食のトラックを止めて危険を訴えますが「うちの給食は絶対に安全です!」と何の根拠があるのか凄い自信で断言するセンターの人。そんな茂の背中をぽんぽんと叩く人が。振り返るとトラフグンさん。友達にでもなりにきたのかい!と言いたくなる気軽さ。

 茂「またお会いしましたねえ(殴打」

 ところがどっこい眼が合った途端、正義側からまったく容赦の無い一撃。トラフグンさんちょっと声かけただけやないか!と思ったらトラックの運転手達は既にブラックサタンの戦闘員。現行犯逮捕状態。こうなったらもうストロンガーを止められる人はいません。

 タックルに対しては相変わらず強いトラフグンさんですが、ストロンガーに対しては人質を取ろうが勝負になりません。

WS000006.jpg

体の棘も茂の前ではなんか邪魔なぶるんぶるん揺れる装飾品でしかなく、カッと燃えるぜ正義の心、フグの電気鍋の出来上がりでした。


タイタン「トラフグン、敗れたり」


 何故ドヤァ……テンションなのでしょうかこの人。



 こうして小学校に伸びたブラックサタンの魔の手はストロンガーの手によって潰えました。
もうこれで小学校は安全です!ありがとう!仮面ライダーストロンガー!



仮面ライダーストロンガー 第06話『先生に化けたクラゲ奇怪人!!』
監督:内田一作 脚本:村山庄三

 懲りろよ。

 また小学校狙いです。ブラックサタンは何を思って二週連続で小学校を襲うの。今月の業績目標で小学校侵略のノルマでも決まってるの。LO大好きブラックサタン(風評被害)。

 前回、給食がダメだったので、より子供に身近な先生になりすまそうとする今回の作戦担当、クラゲ奇怪人さん。とある学校の松本先生という女性の前に現れ、クラゲ奇怪人「何も怖がる事はない。私はお前のその体をちょっとばかし拝借したいだけだ」


 へ、変態だァァァァァ!!


 宣言してから耳に這入って行くアクロバティックセクシャルハラスメントです。何も怖がる事はないって無茶言うなよ、マン兄さんの「ヘッヘッヘッ、シンパイスルコトハナイ」と同じぐらい信用が置けない台詞です。でも声は市川治さん。カッコイイ上に仮面ライダー1号の声(全98話中2話だけ)で言われては仕方ありません。

 しかしもっと驚くのは、先生に乗り移る時の台詞「奇怪人!移り身!」

 オオカミン(え!?俺、奇怪人乗り移りって言っちゃってたんだけど間違ってた!?)

 統一感の無い奇怪人特殊能力名です。

 今回の作戦、先生になりすまし、テストで100点をとった小学生を誘拐し調教(隠喩)しようというもの。タイタンさんによるオーディション(写真見て利口そうな顔をしているか否か)も導入され、隠喩なんてレベルじゃなく完全に別の意味でヤバイ匂いが漂うブラックサタン。


 そんな危険を察知して、火柱上げてやって来る凄い男は城茂。お決まりの口笛が流れ「誰だ!?出て来い!」「ハハハ!お望み通り出てきてやったぜ!」と不敵も不敵、大不敵。

 クラゲ「貴様は何者だ!?」茂「知りたければ教えてやってもいいぜ」クラゲ「やかましい!」
クラゲさん自分でも何言ってるのか若干分からなくなってる節が見受けられます。

 たたんじまえーっ!とボアザンのプリンスだった時に戦った超電磁マシーンのパイロットのモノマネを始めるクラゲ奇怪人さん。対して茂は「たたむってのはな、こうやるんでい!」と変身ストロンガー。安定の奇怪人ボコボコタイム。

 液体のように岩に溶けて逃げたクラゲ奇怪人を見て「そうか、やつは改造液体人間だったのか……!」と納得するストロンガー。
 ブラックサタン的JAS規格には改造○○人間というカテゴリがあるようで、ストロンガーの改造電気人間に対して各種奇怪人にもこういった名が与えられています。昭和から平成へ受け継がれ続ける、悪と同じ技術で生み出された、それを有するヒーローとしての仮面ライダーの特徴がここにもしっかりありますね。


 今回もありますバイクアクション。ストロンガーの愛車『カブトロー』はデザイン的には完全に暴走族で、文字通りカミナリ族(うまいこと言った顔)なのですが、通常時とアクション時ではシートカウルが大きく違います。

通常時
通常ジ


アクション時

WS000004.jpg


 変形です。ぶっちゃけアクションに邪魔だから取ったとかじゃなくて変形です(言い聞かせ)。

 ベース車自体違うのでマフラーの形状含めシルエットがかなり変わる訳ですが、まあ初代からして場面によって旧サイクロンと改造サイクロンが入れ替わっていたようなシリーズです、こまけぇこたぁいんだよ!
 なお、カブトローはオンロード、オフロード、アクション用と三種用意されてましたが、OPで活躍しているアクション用はこの回の撮影中に真下で火薬が炸裂してぶっ壊れて廃車となったそうです。おのれブラックサタン。


 そうこうしているうちに100点取っただけで利口扱いされた子供達は誘拐されて基地のタイタンさんの前へ連れて行かれます。ストロンガーが来てくれるよ!という少年たちに対し、

タイタン「いくら喚いても無駄だ!たとえ城茂と言えどもここまでは入ってこれん!」 これがフラグです。

(口笛)

 突然に壁突き破ってストロンガー登場。
 これがフラグ回収です。


 余計な事言うとフラグが回収されるという良い例ですね。もちろんクラゲ奇怪人さんは果敢にストロンガーに立ち向かう訳ですが歯が立ちません。
 電気クラゲとかもいるんだし何とかしろよって感じですが、今回の必殺の一手『電気ストリーム』のナレーション曰く「電気ストリームとは、数百万アンペアの超高圧電流を流し、物質を一瞬のうちに分解・破壊するエネルギーである」との事であり、クラゲ如きに耐えられるものではなかったようです。


 こうして再び小学校に伸びたブラックサタンの魔の手は再びストロンガーの手によって潰えました。
もうこれで小学校は安全です!ありがとう!仮面ライダーストロンガー! これもフラグ(ry
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/45-b3cbc683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。