Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 22:20:41 «edit»

Category:感想

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章 嚆矢篇 

いつの日か 唇に、歌が甦り――。
いつの日か 人の胸に、愛が甦りーー。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』
第一章 
嚆矢篇
監督:羽原信義 脚本:福井晴敏


 


ヤマト大暴れのスパロボVもクリアし、映画館にて鑑賞してきました。

絶大なるプレッシャーを乗り越えて見事にやり切った『2199』の続編という事で、否が応でも話題になっていた今作です。
 しかも『2199』の世界を継承しつつ『さらば』と『2』のハイブリッドを目指すなんて、そんな中国雑技団とポリジョイサーカスを掛け持ちするみたいな器用な真似出来るんですか羽原さんと福井さん!


そう。


今作は2199よりスタッフが変更となり、監督が『ヤマト 復活編』等の羽原信義さんに代わり、脚本が『ガンダムUC』等の福井晴敏さんになるという事は聞き及んでいたので、期待と不安の入り交じるものだったのは正直なところ。
(復活編が色々アレだったのと、強気な自己解釈を投入してくる脚本家さんなので。いやちょっと不安だっただけですよ、ちょっとだけダヨ?)




 そんな葛藤もありつつ、いざ映画館にて第一章『嚆矢篇』を観て来ました。


 嚆矢……鏑が取り付けられた矢の事ですね。大きな音を鳴らして飛び合戦開始を知らせるのだとか。なるほど、新たな戦いの幕開けとしては、らしいタイトル。

 舞台設定は2202年。旧作では2201年でした。この変更、今作ロゴを観て分かるように、220『2』が『ヤマト2』の役割を担ってる訳ですね。好きです。





 開幕の地球とガミラスの連合艦隊VSガトランティスは『2199』の続編ならではと言ったところ。ガトランティスがいかに双方にとって危険な存在なのかを知らしめるための艦隊戦が展開され、早々にアンドロメダの拡散波動砲も登場。


 旧作よりも波動砲の存在そのものが問題となる『2199』においては、拡散波動砲を搭載したアンドロメダの登場自体がイスカンダルとの約束を反故とするもの。
これは分かってました。仕方ない。アンドロメダは仕方ない。5隻作ってたけど仕方ない。

……5隻ィ!?!?

 作りすぎやろ!となりましたが、地球の復興も軍事関係にかなり傾倒気味のようです。そのあたりは同盟国となったガミラスへの軍事的牽制意図があっての事という描写もありました。
この辺りは旧作で描かれなかった点なので面白いですね。人々の間にも戦争の遺恨は根深いようです。そらあね……。
 とはいえ、『さらば』や『2』はアンドロメダの登場に大きな意義を持たされてなかった感が強かったので良い点かと。



 ガトランティス帝国が危険な存在である事を強調する新設定も登場。
 元々『2199』にてガミラスとの差別化を意識して戦闘民族的な味付けをされていましたが、その兵士においては『定期的に適切な措置を行わないと爆発する』というもの。キミらホントにガトランティス?ゲルショッカーだよね?


 さらに冒頭の戦闘で拡散波動砲を受けてなお生き残った(!?)カラクルム級戦闘艦が地球に向けてワープからの特攻を敢行してましたが、改修中のヤマトの一撃で轟沈。
 拡散波動砲でダメージを受けてたから倒せたのかもしれませんが、何とも洒落にならない事をしてきます。この戦法ヤバ過ぎる。

 でもまあ現状、地球の位置バレてないから大丈夫かーと思ってたら、テレサが地球にメッセージ飛ばしたからバレたー!?テレサァァァ―!!(いやもう先遣隊が来てたからバレてたかもしれんけど)



 ところで今作のヤマトは国連宇宙軍解体とともに軍属では無くなり、地下ドッグで眠る事になったようですが、真田さん主導で改修が行われていた模様。
 え?そんな予算どこから出てんだ。てか何目的なんだ真田さん。やはり「こんなこともあろうかと」なんですか真田さん!それっぽい台詞ほとんど言ってないのに!でも真田さんが言うならアタイ信じる!


 変更点は多々あり、古代と雪が既に結婚していたり(旧作は『完結編』で結婚)、ガミラスの駐在武官が新たにドラマに加わっていたり(もしかして『永遠に』要素?)、雪だけ『ヤマトに乗れ』の幻影を観ていなかったり、ちょいちょい『復活編』っぽい要素も垣間見えます。羽原さんだからね仕方ないね。


そんな中、英雄の丘でのドラマや、様々な構図がモロに旧作を意識している点もあってニヤニヤします。この辺りは羽原監督の拘り。BGMも素晴らしい。これですよこれ。BGMって強いなあ。
あとEDがまんま沢田研二の『ヤマトより愛をこめて』!こんなんズルいやろ!!以外何も言えません。





 『さらば』と『2』のハイブリッドを目指す本作、島たち一部を除いてほぼ全滅する『さらば』に対してほぼほぼ生き残る『2』の良さも取り入れたいとの事なので人死は少なめかな?

 『2199』からの新キャラも多いので扱いが気になるところ。加藤夫妻の話は辛い。宇宙放射線病の可能性はこういうところに残ってくるのか…と。出来れば幸せでいて欲しかったですね……。玲はかわいいしエロいし凛々しいしエロいし最高(台無し)。



 今回は1、2話に相当するもので上映時間は50分。あっという間でした。
 ヤマトの発進は次回『発進篇』へと持ち越し。6/24です。なんやかんやと楽しみですね。『2199』も映画館に通い続けたので今回も通いましょう。


また今作は映画館公開日と同時にAmazonプライムビデオにてネット配信も行っているため、視聴環境は万全です(ちょっと値段的にお高いですが……)。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 Amazonビデオ ~ 小野大輔
http://amzn.asia/ja2gdS7


 今後、旧作同様デスラーは出るのでしょうか。でも『2199』のデスラーはサムライって感じじゃないし、役割も違ってきそうです。
とりあえず上と下から攻めろ!




 沖田「生命だよ。お前にはまだ生命が残っているじゃないか。なぁ古代。人間の生命だけが、邪悪な暴力に立ち向かえる最後の武器なのだ」

 古代「生命……」

 わし「仮面ライダー1号……」




 そんなことを言っている未来が目に見えるようです(やめろ)。



スポンサーサイト

 承認待ちコメント

  by -

Comment-WRITES

go page top

 |  帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS »

 コメント 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/05/18 21:07 |  |  #  edit

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/238-3d40d415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。