Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 19:03:35 «edit»

Category:ウルトラマン

その力とユナイトするからこそ、我々は光の巨人と呼ばれるんだ 

b8b98f9b7c64a49efaf04b8df622e069.jpg
きたぞ、われらのウルトラマン


これ以上にこの映画を表すフレーズがあろうか、と。


ちょっち遅れて観てきました。


劇場版ウルトラマンX
きたぞ!われらのウルトラマン

監督:田口清隆 脚本:中野貴雄/小林雄次/小林弘利



 大好評のうちにTV放送を終えた『ウルトラマンX』の劇場版、そして完結編です。

 TVシリーズにおいては「これを待っていた!」と叫びたくなるクオリティを毎度の如く見せつけてくれたXでしたが、その劇場版


まったく期待を裏切らない むしろ超えている!

ていうかもう眼から水分を奪い去るのやめて!死んじゃう!!



 平成ウルトラ映画の私的ランキングを変えてしまう出来でした。

 隅から隅まで往年のウルトラファンへのご褒美と、新たなヒーローXのファンへの贈り物が詰めに詰め込まれていましたので全てを語っていてはキリがない。なのでここぞ!という点を幾つか。



◆甦る閻魔獣◆
WS002403.jpg
 今回現れる新たな怪獣・閻魔獣ザイゴーグ。
 芭羅慈(バラージ)遺跡に封印されていたその凶悪な姿。一発で邪悪!と分かるデザイン、素晴らしい。眼が3つに分かれている辺りに、地獄の生物めいた印象を受けます。ダイナミックプロ作品でもよく見ます。

 とにかく強い。Xが素で苦戦するのはいつものことですが()、Xioの兵器やサイバー怪獣達を”一撃”で消失させる描写に拘っていたと思います。一撃死、即死。そこから受ける絶望感。
体の棘からは閻魔分身獣として怪獣達を生み出すという怪獣酋長かな?みたいな能力。

 亡者を使役し、この世を地獄に変える

 その恐ろしさは田口監督の手腕も冴え渡って完遂されており、劇中でパワーアップらしいパワーアップを果たす事が無い!ここがポイント。テストに出ます。光のエネルギーを吸収したりはしていましたが、形態変化を起こす事などなかったのが強敵感を演出していました。



◆人間 対 怪獣 Xio決死の総力戦◆

 なんといっても序盤にXとユナイト不可能にさせる事で作られる「人間が立ち向かうしかない」状況です。ウルトラマンでも敵わなかった相手に、人類が果敢に立ち向かう。基本、基礎にしてとても重要な要素。

 繰り出されるXioの総戦力、今までTVシリーズで培った要素を再展開して行われる総力戦。ザイゴーグには通用せず、新たな怪獣までもが現れる。それでも立ち向かう姿に、ギンガでタロウが言っていた言葉が蘇ります。


「お前が何を壊そうが、何を奪おうが、人間は立ち上がる。何度も……何度でも!」

「ウルトラマンが人間を救うのではない、人間と力を合わせ、戦ってきたのだ!」


 過去ウルトラ作品でも描かれた事ですが、救済であるウルトラマンを先に無くす事で、人類の真価が問われる展開、本当に好きです。

 そしてその真価を問われる戦いの中でギリギリまで頑張って、ギリギリまで踏ん張る人の心が、絆となり、光となり、再び光の巨人を呼ぶ。



◆人間はみんな、自分自身の力で光になれるんだ◆

 突然ですが、自分はティガ世代です。

 TVで見た最初のウルトラマンがティガでした。グレート、パワード、ゼアス……正確な直撃世代で言うとこの辺りなのかもしれませんが、毎週土曜日の夕方6時にテレビをつけるとウルトラマンが流れてくる…そんな憧れの状況で見れたのがティガでした。

 毎週欠かさず、あの姿、あの音楽、あの美しさを網膜に焼き付けていた自分にとってティガは特別な存在です。

 邪神ガタノゾーアと戦う光の中の子供たち、あの中に多くの視聴者の子供たちの心が混じっていたと思います。自分もその一人でした。どんな絶望的な状況でも最後まで諦めない少年少女の希望こそ、最も眩い光なのだと。

 だから、今回の映画でティガがあのBGMと共に復活した時、またあの光の中に立っていた気がしました。

 何年経っても、あの気持ちを忘れなければ人間は光になれる。
WS002401.jpg

 『超8兄弟』の時もそれはそれは泣いたものですが、今回の映画は「ティガ&ダイナ」で行われた「あの時ティガだった子供たち」の心が光になる、そのリアルタイム版とでも言うべき感動でした。

 少年の心が光となり、夜の街に立つ光の巨人、あのBGMとともにスカイ、パワーへと変わるティガ。
WS002399.jpg
 田口監督、あなたも同じティガの光を見てたんですね……!とまったく止まらない涙を垂れ流しての感謝でした。



◆光の中から ぼくらのために きたぞ われらの◆
 そして、天と地の光が人の絆でユナイトした時、多くの人の憧憬に立つ光の巨人が出現します。

 X、ティガ、その前に雄々しく立つ銀色の巨人 怪獣退治の専門家 きたぞ、われらの――!

WS002397.jpg

ウルトラマン!!


 説明不要の光の巨人。その神秘さ、神々しさ、喋らない!これぞ!これぞ!!われらの!!

そして結集する3つの力
WS002400.jpg

「人と人が繋がり合おうとする心、それが天と地を結ぶ光!」

「その力とユナイトするからこそ!」

「我々は、光の巨人と呼ばれるんだ!」



いざゆけ、われらのヒーロー!!



 ――ここから先は多くを語る言葉を持ちません。最高でした。

 ウルトラマンに任せるのではない、ウルトラマンと共にゴーグアントラーやゴーグファイヤーゴルザを倒すXioの姿……地球は地球人自らの手で守り抜かねばならぬのです。


 世界各地に出現するツルギデマーガ、この窮地に降臨する
ネクサス!マックス!ゼロ!ギンガ!ビクトリー!
WS002409.jpg
 大地とXが繋いで来た絆が呼んだ8大ウルトラマンと怪獣達の地球の存亡を賭けた決戦!


ウルトラマン、そしてウルトラマンティガの力を合わせた
 ベータスパークの輝きとともに現れるウルトラマンX、究極のアーマー……!
news_header_x_201512_main01.jpg




 ――この輝き、是非劇場で瞳に、心に、多くの人に焼き付けて欲しいものです。

 そして最後に待つ、ウルトラマンXとしての完結。少し切なく、そしてXらしいオチ。


 ウルトラマン、ティガ、多くの巨人達が時間と世界を超えて繋がれる事を証明したウルトラマンX。

 Xは天と地を結ぶクロスオーバーの証。受け継がれてきた光を集約し、次なるウルトラマンへ最高のバトンタッチをやってくれたのではないでしょうか。


 これでウルトラマンXは一度完結となりましたが、是非また彼等の物語が見たいものです。その時が来たらまた、





ウルトラマンはついに50周年を迎えます

 君と僕の絆を受け継いで

 きたぞ、われらの――――

20160122174416066.jpg
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/234-c6de2813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。