Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 13:10:09 «edit»
IMG_20131231_131034.jpg
 まるで月(鎧武兜)と太陽(魔法陣)、重なる時の衝撃。


 公開日に見てきましたよー今年の冬映画。


 『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』


 形としてはVS戦隊の方式と言って過言ではないこの冬の新旧ライダー共演映画、今や定番となりましたが、まだVS戦隊ほどスタイルを固定してはおらず、毎度変わった趣向を凝らして来ます。
 平成ライダー自体が毎度個性豊かであるが故に形には嵌め難いってのもあるでしょうけどね。


 そんな訳で今年は2部構成。何気に初の試み。知らなかったので、いつ3部にあたる『MOVIE大合戦』が始まるのかなー、鎧武パートなげえなーと思ったらそのまま決戦に突入して驚きました。


 先に言ってしまうと、大変面白かったです。


 特にウィザードパート。第三の最終回とも言える出来でした。
 TVが蓄積したものを活かす演出と、ウィザードが拘ったアクションの魅せ方、特別編ですら無かったことにはしないその話作りは、歴代の後日談の中でも指折りの出来。細かな演出に度々フェニックス肌。


 鎧武パートは、今回の映画撮影終了時点でまだテレビ放送が始まってないというスケジュールで撮影したのもあり、今まで以上に本編に影響を及ぼさない内容を要求されたようですが、ちょっとおかしな戦国時代とライダー達の融合ドラマは外伝としては面白いものでした。
 TVシリーズ序盤でやった「ライダー同士の戦いは遊びの延長ではない」と絋汰が気付き、挫折する流れが新たに作られており、そこに晴人という先輩ライダーが加わる事できっかけを作っていく流れは、人の死が絡む分、TVよりもむしろ分かり易かったかなと。




 んなわけでまた見た人だけが分かりそうな印象深い点を列挙しておきましょう。


『仮面ライダーウィザード 約束の場所』
脚本:香村純子


・キングが女口説いてた街だ!
・晴人の数少ないキャラ造型要素のサッカーだ!
・生きとったんかい0課&笛木の遺産
・仁藤!メイジ!メイジ!メイジ!カモーン!
・出現、最強最後のファントム(in ぜってえ日本の海)
・貴重なドラゴタイマーさんの出番終了
・帰って来たプレーンシュガーお得意様
・帰って来たダークコヨミ
・変身、白い魔法少女(BGM:覚醒ゼオライマー)
・野獣先輩、決意の再契約
・野獣先輩、マジ主人公
・瞬平が作ったはじめての指輪
・炎の中から現れる、魔法ヒーローハンパねえぜ
・廻る、廻る、ウィザード廻る 廻る、廻る、カメラが廻る
・必殺ガワ抱擁
・必殺ガワ照れ動き
・ガワがかわいく見えてくるマジックタイム
・「ちちんぷいぷい!ちちんぷいぷい!ちちんぷいぷい!」→奇跡発生
・対決、晴人のアンダーワールド
・晴人とコヨミ、笑顔と涙の記憶
・「俺は希望の魔法使いだ。俺の希望が溢れるこの世界で、俺が負けるわけがないんだよ!
・指輪を、きっと"二人"が安らげる場所へ
・手放したくないと願った涙の記憶を、宝石に変えて――。



●さあ、最後のショータイムだ

 これ見たかったんですよ。何がって一番は瞬平の成長でした。TVシリーズでは賑やかし以上にはならなかった彼が、輪島のおっちゃんの下でいかに成長したか、それが描写されただけでも嬉しい点。きっと逆転のきっかけを瞬平が作るのだろうとTV最終話の頃からの予想は見事当たっていました。
 メイジの三人が続投して動いていたり、ダークコヨミが白い魔法使いの姿になったり、感慨深くなる点も。いいねえ、完結編ならではといったところ。

 晴人の窮地に現れたもう一人の晴人ですが、瞬平がリングに込め続けたコヨミへの思いに、ホープリングに宿ったコヨミの想いが共鳴し、"コヨミの希望=操真晴人"が具現化して現れたものだと解釈。だからこそ最後にアンダーワールドのコヨミに指輪を託した晴人は光となって消えたのかなと。


●パンドラの箱
 娘を取り戻したいと願って開いたパンドラの箱からは災厄(ファントム)が飛び出しました。ですが、箱の底には希望が残っていたのです。最後の希望が。
 箱から飛び出した災厄を打ち払う最後の希望は、全ての涙を宝石に変える力を持っていました。己自身の流した涙もまた、宝石に変わり力となりました。ですが、ついぞ自分自身の希望を、希望通りの形に留めることは出来ませんでした。

 そんな少し哀しい魔法使いの物語は、ようやく終わりの時を迎えました。

 希望があるから人は生きていける。自身の希望だった少女の指輪を何処かに置いて来ようとして出来なかった彼は、最後には自分自身の中にそれを留める事になりました。
 やはり、人は希望を内に秘めてこそ。それが少女と魔法使いが願った形であるのなら、これ以上は無い落としどころだったのだと思います。



 さて、大団円と言ったところで野獣先輩が突然現れたウツボカズラの怪人に吸い込まれて連れ去られたところでウィザード編終了。ここからは、仮面ライダー戦国時代だ。


『仮面ライダー鎧武 戦極バトルロワイヤル!』
脚本:毛利亘宏


・武神ライダー戦極時代
・武将KENGO!戦極キターーーー!
・行きなさい!イクサを開始しなさい!
・名 護 さ ん は 最 高 で す
・聴こえないな、もっと大きな声で言いなさい
・名  護  さ  ん  は  最  高  で  す  !
・めっちゃダンスしてる!まるでダンスチームだ!
・城之内「俺達と組んで鎧武を先に潰そうぜ!」戒斗「俺は群れない」→TV思い出して爆笑
・謎の怪人乱入→ヘルヘイムの森→戦国時代(!?)
・この樹なんの樹気になる樹ー
・後藤ちゃぁん、やっぱバースの装着者はノブナガの運命だったわ!(おでん持って焼死)
・武神鎧武「全てのライダーは俺が潰す!」ディケイド「こわ」
・イエヤス「俺の天下取りを手伝えYO!」
・戒斗さんマジDAI6TENMAOU
・舞「来ちゃった……///」晴人「来ちゃった……///」貴虎「来ちゃった……///」
・二人で一人っぽくない武神ライダーと(自国を)振り切る夫婦
・絋汰、命のやり取りを知る
・キウイかっこいいなキウイ!
・スイカ撤退アトラクション
・天下を統一するという意味
・絋汰「俺の腕の中で命が消えたんだ!」
・晴人「後悔しないのか?戦う力があるのに、何もしないで」
・対決、絋汰 対 戒斗
・絋汰「俺が守りたいのは、お前だ!」戒斗「やだ惚れてまう!」
・安定の偉そうな態度で負けるバロン
・斬月「仲間を取り戻せ!」ミッチ「助かりました!」斬月「我が弟ォーー!?」
・魔法と武将、集え戦極大合戦
・武神鎧武「まとめて相手をしてやる!」「苦戦してるやないか!」「そうでもあるがあああああああああ!!」
・託されしインフィニティーリング(特別編回収)
・武神木鎧武「(オウカオーを)甘く見たなッ!」
・運命の巫女、戦国出張営業
・託された戦国ライダー達の力が、空から来るぞ気をつけろ!
・タトバタァ~トバァ~「いや、あれアンクアームズj」「皆まで言うな」
・貴虎「宇宙キ↑……た事にしといてやるか」
・突然のインフィニティードラゴンゴールド
・ビースト「頼むぜ晴人!(ポン」鎧武「あっち」ウィザード「わざとだろ」
・木「くぱぁ……」
・歴代平成ライダー友情の大特訓(一斉キック)
・さあ、フィナーレだ!サマーソルトスイカストライク!
・武神木鎧武「これはあってはならんことであるッ!!!(爆死)」
・ミニチュア破壊!ミニチュア破壊!
・魔法使い、テレポートでここに来たの!?ええええ!?
・お兄ちゃんが見守る帰り道
・貴虎「やっぱあれうちの弟だぁーー!?」



●その命、武神に返しなさい

 かつてのライダー俳優さん達がゲスト参加している本作。KENGO、伊達さん、照井夫婦と、かつての役柄とは違うものの、それぞれを彷彿とさせる旗や甲冑、台詞を放つ辺りが何ともファンとしてはニヤニヤ。
 特に個人的に平成ライダー屈指の大好き二号ライダー・名護さんが額に"753"のハチマキとともに出て来てくれただけでもう満足でした。照井さんとツートップといって過言ではないので、このメンツは最高です。もっと大きな声で言いたい。最高です。


●疑ってみるよりも、中に飛び込んでみたあと、出来ること考えてみればいいさ

 Life is SHOW TIMEの二番は、結果的に鎧武にも当てはめられそうな。
 テレビ版とは違った道筋ながらも、絋汰が"戦うという事の現実"を知る流れになっていました。テレビ版と大きく違う点としては、挫折から立ち直らせるきっかけが先輩ライダーである晴人の言葉である、という事でしょうか。

 与えられてしまった力で、自分の出来る限りに希望を守り続けてきた男の言葉は、守る力を持ちながらも死という現実に震える少年の決意を促しました。

 これはMOVIE大戦シリーズとしてもかなり異例の流れ。ある意味、バトンタッチ作品としてはこれ以上無い内容です。個人的にはこれだけでもかなり価値がありました。



 ――そんなわけで、大合戦の感想でした。

 何気にウィザードがどんどん新要素やらを見せてくれて最後まで地味~に驚きました。鎧武との合体攻撃がサッカー要素なのがまた胸熱。
 ラストには恒例の新ライダー顔見せ枠が……ってこれは新ライダーというか、この人たちも変身するの?っていうか。てかその女性どなた!?

 テレビ版鎧武は世界観の下準備がそろそろ終わる頃でしょうか。ますます楽しみになって来ました。あと名護さんが言ってたので名護さんをゲストに呼びなさい。

 そして指輪の魔法使い、お疲れ様でした。いつかまた世界が絶望に彩られそうな時は、一瞬でブッ飛ばすために帰って来て下さい。


 清々しい気持ちで見終わった映画の後はやっぱり――春映画予告だー!?


平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊


 お、おお……ガチ対決ですか?『大ショッカー』のトーナメントみたいなのなら割と見たいのですが。てかこの構成なら戦隊いらなくね!?

 まあ、どうなることか分かりませんが昭和ライダーも大活躍なら嬉しいですね。


 あ、あと映画館に鎧武が来ました。出入り口で子供達が喜んで握手しに行く中、大人にも握手してくれる鎧武。う、嬉しくないんだからねっ!(小学生並の笑顔で握手した勢)



【DVD付映画パンフレット】 『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』【DVD付映画パンフレット】 『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』
()
Livraison

商品詳細を見る


スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/193-7ee8b6d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。