Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 05:47:50 «edit»
IMG_20130805_044349.jpg
 さあ、銀幕のショータイムだ。

『劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land』
監督:中澤祥次郎 脚本:香村純子



 おお、安定感ある……って香村脚本じゃないか!


 きださんにしてはキャラクターをいじって遊ぶなあ、と思ったら。平成ライダー夏の劇場版でメイン構成の方が書かなかったのって珍しい。いやウィザードの場合、約半分が香村さんのホンで実質ダブルメイン構成体制なので、メインっちゃあメインなんですが。

 平成二期の夏映画は公開時期的にもテレビとのリンクが計られ、終盤の盛り上がりを劇場版で先行体験!+新番組もよろしく!みたいなコンセプトで組まれる事が多い中、本作はテレビとの密接なリンクは行われていませんでした。

 過去作品のキャラや次回作ライダーのゲスト出演も排した本当に久しぶりの、真の意味での「単体ライダー映画」として、ここは高く評価したいポイント。


【以下、印象的な要素を列挙】

 
●また女の子誘拐されとる!30分前に見たわ!

●魔法使いだらけの世界(意味深)

●魔力が通貨だマジックランド(ヒーローゲッターテンポ)

●瞬平が!凛子ちゃんが!輪島のおっちゃんが!老若男女が!『変身!』

●KABAちゃん一年間で変身しすぎィ!

●大王って言うからささきいさおだと思ったのに

●魔法の武装だデカレンジャー(ヒーローゲッターテンポ)

●金色の魔法使いを探せ→マヨネーズじゃねえか!

●野獣先輩、コスプレ小物自作派(ベルト自主作成)

●うちのかあちゃんを虹色の竜巻が攫ったんです!本当なんです!信じて下さい!→夢でも見たんじゃないのか

●マヨネーズ釣ってんに決まってんだろ

●マヨネーズ生ってないに決まってんだろ

●フェニックス復活ッ!フェニックス復活ッ!フェニックス復活ッ!フェニックス復活ッ!

●フェニックス永眠

●ついでに二人ぐらい永眠

●そのライダーキックくっそ久しぶりに見たわ!

●そのダブルライダーキックめっちゃ見たかったわ!

●メタルギアマジックランド

●喋るドアも女なんだよなあ……(呆れ)

●童貞(まほうつかい)を殺す装置

●久しぶりの夏映画限定敵仮面ライダーソーサラー

●野獣先輩、殉職

●大王は悪いやつなんです!信じて下さい!→お前は侵略者だ!

●バイクアクション&街を襲撃するウィザード(危ない)

●デカレッドVS魔法ヒーロー(偽デカレンVSマジレン)

●自分の眼で見たものを信じるしかないの

●ショッカーO野も魔法使い(意味深)だったの……

●帰ってきた野獣先輩「敵、屋上にいるんだけど、焼いてかない?」

●陣内さん良い演技しすぎ問題

●絶望せよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

●絶望なんかしねえええええええええええええええええ

●ここからは俺の、ショータイムだ――!

●フレイム!ウォーター!ランド!ハリケーン!ドラゴン!ドラゴン!ドラゴン!ドラゴン!チョーイイネ!連続フォームチェンジサイコー!

●花吹雪キラリ いざゆけ 魔法使い

●\インフィニティードラゴーン/

●孤独な王のため、最後の希望は世界を壊す

●ディケイド「世界を壊すの良いゾ~」

●本日未明、現職女性警官の腰をまさぐるなどした疑いで自称・魔法使いの男性(無職)を(ry




【???「ここがマジレンジャーの世界か……」】
 今回の見所といえば、「科学より魔法が発展した世界」の描写でしょう。
 SF的な話では結構よくあるパターンではあるのですが、細かい部分もビジュアル化されており、別の歴史を辿った世界がコミカルに映像化されていました。
 登場人物達はほとんどまんまですが、それぞれが変身出来て一般市民がファントムを退治出来る辺りは斬新。というかファントムに対しての警察の権限と一般市民の権限の差とかどうなってんすかね。警察からドーナツ屋まで戦闘力ありすぎじゃないすか。

 通貨の代わりに魔力で支払う『魔力流通システム』は、チャージ式の電子マネー支払いを彷彿とさせますね。室内の電気まで個人の魔力で動かしてたのは驚きました。まあ見た瞬間終盤の展開を「あっ…(察し)」余裕でしたが。


【ふしぎの国の野獣先輩】
 パラダイス・ロスト感あるよな。
 2号ライダーがテレビとは違う異世界キャラ扱いという特殊感がある今回ですが、野獣先輩ブレない。むしろファントム捕食の枷が無い分、本来の世界より活き活きしてるような。マヨネーズが川を泳いでいる世界なら止むなしか。

 映画館で子供の笑いを取っていたのはKABAちゃんと野獣先輩が2強でした。ホント良いキャラ。
 晴人達の事情を深く詮索する事もなく、この世界の怪しさに勘付き行動を共にしてくれる頼りがいは、まさに「皆まで言うな」。
 ウィザードラゴンとキマイラのダブルライダーキックを披露してくれて個人的には大変満足でした。あとマヨネーズは生ってねえよ!


【偽りの創造者VS最後の希望――さあ、ショータイムだ】
 特別な事はしてなかったですが、いつもとはちょっと違うカメラワークのバイク戦はワクワクしました。
 その直後に街中の魔力循環システムを破壊して周るウィザードはちょっと一般人が怪我しそうで危ねえじゃねえかコンチクショウと思ったのですが、世界を――人々を敵に回した魔法使いが、それでも人々を救うために"やりすぎとか言われようが、世界の絶望、一瞬でぶっとばす"ために取った手段として考えるならば、ショッカーO野さんも納得してくれるかもしれません。石投げちゃおっと!

 エターナル以来の夏映画限定敵・仮面ライダーソーサラー役を演じた陣内考則さんの名演技も本作を語る上では欠かせないでしょう。
 史上最年長仮面ライダーの触れ込みでキャスティングされていらっしゃいましたが、思わずこちらがニヤけそうになる悪どいオーラを放って、ついに実現した連続フォームチェンジ攻撃も(ほぼ無敵だったウォーターゲル化組み付きでさえ)打ち払ってしまう強敵感を醸し出してくれました。
 しかしソーサラーの持っていたクリエイトの指輪は一体誰が作ったものなのか。(C)笛木さんなんでしょうか。

 恒例の夏映画限定フォームとしてインフィニティードラゴンも登場。煌く翼チョーイイネ。


 他にも魔法が使えないコヨミと大王の邂逅や、その対比から分かるコヨミにとっての晴人という存在のかけがえのなさ、彼女にとって彼が本当に「希望」であること、希望の無い誰かの希望になる……それが操真晴人という魔法使いなのだということ――

 ――改めて二人の存在と関係が浮き彫りになる描写は、ある意味夏映画らしい集大成感があったかなと思います。

 欲を言えば、晴人が絶望しない心の強靭さを持つ理由を改めてこの映画内で定義しておけば逆転への流れがさらに盛り上がったのでは、とも思いますが、今回は素直にDC版が楽しみな一作でした。


 テレビの方は残り約2ヶ月、今までの布石を踏まえて最終章開始と言ったところ。果たして何処に行き着くのか。

 白い魔法使いの真の目的は、ワイズマンの正体は、ソラの動きは、姉妹の因縁は、コヨミの運命は、チンプイの扱いは、凛子ちゃんのクビは、輪島のおっちゃんの女性関係は、晴人はすべての涙を宝石に変えれるのか……!

 これ回収仕切れn……皆まで言うな!ここからが本当のショータイムだ!(多分)

 あ、今年もMOVIE大戦はあるようなので晴人死亡とかはないでしょう。鎧武とオールドラゴンでカラフルフルーツ対決に期待。

劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land メイキング・オブ・ショータイム! [DVD]劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land メイキング・オブ・ショータイム! [DVD]
(2013/07/21)
白石隼也、奥仲麻琴 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/159-277749dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。