Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 05:23:41 «edit»
IMG_20130805_044337_201308050456087e0.jpg
 大画面で!大音響で!聞いて驚けェ!

 8/3(土)公開、今年の夏のニチアサスーパーヒーロー映画。今年も公開日初日初回で見てきました。もうネタバレOPも怖くない。

 例年通り、戦隊約30分、ライダー約1時間の時間配分でした。
 戦隊もガッツリ観たい人間としてはそろそろ分けるか、せめて半々に出来ないかなと思ったりもしますが、それはそれでライダーが物足りなさそうでジレンマ。分けるとお子さんを連れていく親御さんが大変だしねえ。


 ともあれ。今年も戦隊からスタートです。


『劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ オブ ミュージック』
 監督:坂本浩一 脚本:三条陸

 勢いすっげえ!!

 ハイライトシーンとハイライトシーンをカミツキ合体させたらこうなったと言わんばかりの爆速ガブリンチョムービーでした。嫌いじゃないわ!

 今年はミュージカルだ!荒れるぜ踊るぜ!止めてみな!

 って事で、シリーズ初"ミュージカル"をコンセプトのひとつに掲げています。
 実際、歌うように会話が進むというよりは、歌パートが時折入り、みんなで歌うシーンが重要な鍵となるといったものでしたが。敵側にも音楽要素があったりとにぎやかでしたね。


【以下、印象的な要素を列挙】

●出ライブでまた戸松か!と思ったら戸松じゃなかった!

●アイドルMeekoとエロくて妖しいお姉さん達

●観客席で荒れるぜ!スタッフさん止めてみな!

●自称・ノリの良い観客(乱入者)。

●獣電竜第0号トバスピノ登場

●強制カミツキ合体でアンキドンとブンパッキーがNTR!

●D!デスリュウジャーのD!デーボスの裏切り者だ!

●旅先で女惚れさせてたキング

●D「共に青春を謳歌しようぜ!(アイドル誘拐)」

●ガワライブでまた戸松か!と思ったらこれは戸松だわ!

●アイドルソングで奮い立つとかこれマクロス

●プテラゴードン!シャットゴーグル(耳栓とグラサン)でござる!

●劇場版アレンジOPのブレイブさが天井知らず

●「不屈のブレイブがある限り!どんな危機でも弾き返せる!それが"戦隊"だ!!」

●キョウリュウジンVSスピノダイオー

●ガブルアームドオン!

●急に歌うよー

●正義のスピノダイオー!活躍尺的にもテレビに出る流れでしかないわ!

●「ブレイブ、ここに極まれり!」

●なんて言ったか聴こえなかったわーーwwwファーーーーwww(フラグを蹴り折る音)

●バーモーラムーチョ!バーモーラウィザード!サプライズダンスだー止めてみな!




【このエロ監督が!(誉)】

 良くも悪くも坂本監督の色が出る画面とアクション、短いながらも各キャラの基本的特徴をなぞった台詞とキングとゲストヒロインの恋愛要素っぽい何か、盛り上がるBGMとカッコイイロボと盛りだくさんながら尺的には怒涛も良いところの展開速度。

 Meekoこと天野美琴さんのミニスカと谷間、レムネアとアーシーの妖艶かつ、お前ら実はインフェルシアだろと言いたくなるコンビなど、坂本フェティズムは今回も地味に炸裂。あの監督絶対拘束されてる女性にエロスを感じるタイプですわ。

 坂本監督映画で見たことあるロケ地だらけな上に見覚えのあるアクション連発と安定感はありました。完成されているが故に、アクションの引き出しが一定方向なのが惜しいと言えば惜しいのですが、各キャラのアクションをド派手にキメるポイントやバイク吊りは安定のカッコ良さ。イチ押しはノブハルスーパーよいしょおッ!


【Dもトバスピノも今ここで死んだ!俺はテッカマントリンだ!】
 Dボゥイことデスリュウジャーの声に宮野真守がキャスティングされたのは『ウルトラ銀河伝説』の縁で坂本監督のオファーだったとか。公認様でも戦隊VSウルトラマンですか。トリンが居なかったら森川さん確定でしたね。
 悪い宮野が大暴れで、ノッさんと色がカブリンチョな悪のキョウリュウジャーデザインで、5VS1でも史上最強のブレイブを下す戦闘力は魅せてくれました。

 キョウリュウモチーフ、悪の戦隊デザイン、強制カミツキ合体でNTR、女を侍らせ、ゲストは美琴……と思わず「ときめくぜ」と言わざるをえない要素の数々に仲代先生不可避でしたが、自分なりの美学よりは闘争に生きるタイプっぽくはありました。あればそのままライバルキャラとして君臨しても良さげなカッコ良さ。


【ブレイブを黙らせない、楽しく歌えVAMOLAキョウリュウジャー】
 尺の都合上、怒涛の速度かつ説明不足感はあるものの、キョウリュウジャーかっけえ!という興奮は間違いなく得られる良い映画でした。この爆発的な勢い、キョウリュウジャーに合っているかと。
 三条脚本の持ち味が細かいところに散見されて個人的には何度でも見れる映画でした。また甥っ子達を連れて観に行きたいところ。

 余談ですが、プテラゴードンのバイザー下ろす時にウッチーが「シャットゴーグルでござる!」って言ってましたが、いきなりフラッシュマン要素が出てきてビックリしたんですが、東映特撮BBでの配信開始の宣伝ですか?(二重宣伝)


 ノリの良さで既に大好きになっている映画EDですが、まさかダンスの中にしれっと晴人達ウィザード組が混じって来るサプライズ。
 カオス様達やD、レムネア、アーシー達も揃いも揃って踊る姿は良い意味で懐かしい香りがします。ホント好きだわこのノリ。



 そんなわけで個人的には大変満足な出来の劇場版キョウリュウジャー。テレビもようやく折り返し地点。
 シリーズ最長の一人脚本記録を更新しつつ、ここまで失速無しという驚きの展開を見せています。残り半年どこまで突き抜けたブレイブを魅せてくれるのか、楽しみでなりません。

 続いて魔法の国に殴りこみですが、そちらは別の記事に分けようと思います。


「まったく、キョウリュウジャーのブレイブには天井がないな!」



劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ソングアルバム ガブリンチョ・オブ・ミュージック劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ソングアルバム ガブリンチョ・オブ・ミュージック
(2013/07/31)
V.A.

商品詳細を見る
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/158-a8571947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。