Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 06:44:03 «edit»

Category:プリキュア

ドキドキ!プリキュア ミュージカルショー(ゲッター線焼肉付) 

dkdkprem.jpg
7/27(土)大阪梅田芸術劇場で行われたドキドキ!プリキュア ミュージカルショー行って来ました。
 プリキュア関連でここに足を運んだのはDX3公開記念で行われた『プリキュアオールスターズ スペシャルコンサート』の時以来ですね。


 久しぶりに生でプリキュアショーを見た形となりましたが、やはりミュージカルショーはひと味違います。脚本も、出演者も、演出も。流石、頭ひとつ抜きん出たものになっています。変身シーンすっごい(幼女並の感動)

 簡易的ですがイベレポートを。

 内容に触れちゃいますので、まだこれから見に行くんだよラブハートアローぶち込むぞコノヤロウという方は、ラブハートアローだけ置いて行って下さい。



 今年の大阪公演は1日限りの3回公演。13時からの2回目に参加してきました。
 相変わらず豪奢な建物ですが、表も中も小さなプリキュアさん達がいっぱいで微笑ましい限り(大きいプリキュアもいましたが)。やたらとスマプリのバッグを持った親御さんが多かったような。CMの後もまだまだウルトラハッピー状態。

 小さなプリキュアさん達の邪魔にならないように2階席2列目へ。ステージ全体が切れ目無く見渡せる良い位置でした。席取ってくれたプリンスさんに感謝。

 まずはショーの定番、司会のお姉さんと一緒に大きな声で応援練習をカマしてから(大人は静かに心でミラクルライトを振りながら)、本編開始。


 いきなりの黒沢ともよさん登場で「Happy Go Lucky!ドキドキプリキュア!」!
らぶゆー
らぶゆ~※画像は限りなく近いイメージです

 ホントに黄色基調のドレスをあしらって登場されたのでらぶゆ~不可避でしたが、ご本人が本当に可愛らしく、歌声も力強さが増していて開幕からテンション上がります。

 
 【以下、本編の流れを大体で箇条書き】



●アイちゃんが次元を割ったぞ!このパワーは……そうか、俺達は……ムオッ!(次元の裂け目に飛び込んで行く真ゲッター)

●inムツゴロウさん不在の動物王国『アニマルランド』

●アイちゃんナチュラルに行方不明

●かかずゆみだ!かかずゆみだ!

●???「ォエージィ!伝説のメダルを集めやがれ!」

●アニマルランドを救うため、試験官達と勝負して、メッダッルッ集めまっくっれっ!

●思わず拍手したくなる一瞬のラブリンク演出!

●吉田さんの生歌『プリキュアtyphooooon!』!盛り上がらずにはいられない!

●???「歌は気にするな!」※無理です

●ひとり変身解除で別行動する亜久里ちゃん

●キャラソンに合わせて象をパワーで下すロゼッタ

●キャラソンに合わせて変な踊りを強制されるソード

●キャラソンに合わせて猿にご褒美(ボディタッチ)するダイヤモンド

●キャラソンの出番が無くてメタ発言でdisられるハート

●ジコチュートリオのおしっこ漏らすなよ発言で区切り


 この辺りで前半終了。これで大体伝わると思います。世界の8割はフィーリングで出来ています。この記事もちゃんとここでおしっこ行ってから書いてます。イーラくんが言ってたから仕方ない。

 プリキュアに助けを求めるアニマルランドのお姫様『ミーシャ姫』の声をかかずゆみさんが担当されていました。
 久しぶりにプリキュア関係でかかずゆみさんを見た気がします。ハトプリ以来ですね。

 その他……
 ゾウ役に木村雅史さん(フレプリのブッキーパパ)
 サル役に奈良徹さん(スイプリのファルセットさん)
 オウム役に神田みかさん(スマプリの掘毛先生等)
 リス役に桜井翼さん(ドキプリの百田くん)
 イヌ役に佐藤拓也さん(ドキプリのヒーロージャー等)

 ……と、シリーズ出演者の方々が枠を固めておられます、神田さんスマプリの映画でサルだったしサルで良かったんじゃね。


 ミュージカルと言うだけあってパートごとに歌が挿入されるのですが、挿入歌関係を黒沢ともよさんと吉田仁美さん達ご本人が生で歌って下さるのは関西公演だけの特権!という事で、その声量と安定感に胸のドキドキ止まりません。


 キャラソンパートに関しては、それぞれのプリキュアの個性を表現する動きが、本当に完成されている事に改めて驚き。
 動物さん達に触れず落ち込むマナを支え慰めるのが六花だったり、まこぴーと一緒に班行動しちゃうマナに反応しちゃう六花だったり、四人の中で一番下敷きになるのは六花だったり、ていうか六花を見すぎだな?
 後半には四人揃ってお猿のポーズとかコミカルな動きもあって度々お子さん達と同じ気持ちで笑ってました。楽しい。

 余談ですが、アニマルランドに落ちてきた時に山積みになってるマナ達の重なり方が、また金持ちヒエラルキーを発揮してありすが一番上だった事に拘りを感じますね。


 さて、15分の休憩中にパンフレットやらグッズ、映画前売り券をプリンスさんと買い込んで揃ってトイレにイン(意味深)したりしながらも後半戦。


 後半は、吉田仁美さんによる、EDテーマ『この空の向こう』のサビ振り付け講座からスタート。
 会場中の小さなプリキュアさん達は流石テレビで覚えていらっしゃるのかすぐに踊れてる、キレが良い、実にワンダフルパワフルミュージック。

 『この空の向こう』の生歌&ダンスのあと、いよいよ後半へと突入しますが、ここで一息つける優しいメロディ『I'm home』をなんと黒沢さんと吉田さんのデュエットで!おおー!CDでくれ!
(『I'm home』のオリジナルは林ももこさんが歌っておられるのでこれは嬉しい1曲)

 さらにまさかのジコチュートリオによる『ジコチューやろう』が流れてからの本編再開。


●決戦!だるまさんが転んだ(ポロリもあるよ)

●やっと出番のハートさん「愛が足りん!」動物にアロー発射

●ミーシャ姫がんばれ、マジがんばれ

●突 然 の 野 獣 先 輩(キマイラ)

●エースさん絶対舐めプだわあれ(会場で出たナチュラルな感想)

●妖精達のNHK感

●メダルの力でアニマルランドとか完全に串田アキラ「富士!サファリパーーーク!」

●アイちゃん黒幕だろこれ

●最後にマナりつソング『夏の流星群』!やったね六花ちゃん!


 ――以上で本編終了。
 ここまででも大満足なのですが、最後にドキドキ!プリキュア後期EDの先行お披露目!


 その名も『ラブリンク』


 わりとまんまだーーーーー!?
1374363705489.jpg

 様々な愛の形を描く本作、確かに愛がリンクする展開が後半に待っている事でしょうから、間違いないタイトルだとは思います。
 どんな歌か、それは聞いてのお楽しみということで。


 以上でイベレポという事に致します。
 一部足りなかったり、微妙に間違ってる(かなり間違ってる)部分があるかと思いますが、間違い探ししたい方は11/8(金)発売予定の本ミュージカルのDVDを買いましょう(宣伝)。

 一部アクシデント(くっついてなきゃいけない人形が落下、司会のお姉さんの眼前で演出用噴煙暴発など)もありましたが、それこそショーの醍醐味。それらを自然に処理して行く演者さん達、まさにプロの仕事。外しはしない。


 パンフレット買ってたのでプリキュア達と握手もして来ました。
 エース!エースの握手が力強い!わりとビビる!
 ダイヤモンドだー(ぎゅっ)、ハートだー(ぎゅっ)、ソードだー(ぎゅっ)
 ロゼッタ!肩からごっそり持って行かれる!マジでビビる!と思ったら優しい手つきでした。夢と希望が鈴なりです。


 以上を持って会場を後にし、Twitterでお世話になっているかーくんさん達にもご挨拶。そのままいのおかさんと共にプリンスさんをゲットマシン事故に巻き込もうと挟み込みながら難波に移動。
WS000112_20130729062739.jpg
※移動中のイメージ

 後にかーくんさんも合流し、酒池肉林のゲッター線爆心地での肉奴隷(焼肉)が始まりますが、思い返すと腹が減るので割愛。檸檬をいたぶって笑いながら喰う肉は最高に美味しかった(亜久里ちゃんと同学年並の感想)

 さらに『菊地真』、『姫川友紀』、『キュアパッション』という名の飲み物を頂けるお店に移動したのですが、じゅうななさいなので割愛します。とりあえず課金勢コワイ。



 分かる人にだけ分かるような誰にも分からないようなイベレポ・オフレポですが、本当に楽しい一日でした。
楽しすぎて帰りの電車一駅乗り過ごしました。おのれディケイド。


ドキドキ! プリキュア ミュージカルショー♪ ~アニマルランドでだいぼうけん! ! ~ [DVD]ドキドキ! プリキュア ミュージカルショー♪ ~アニマルランドでだいぼうけん! ! ~ [DVD]
(2013/11/08)
不明

商品詳細を見る


プリンスプリンス
(1990/02)
デイヴ ヒル

商品詳細を見る


恋する肉奴隷ちゃん恋する肉奴隷ちゃん
(2013/06/21)
天野ちぎり

商品詳細を見る


走り続ける男たち モバマス廃人 (三才ムック vol.622)走り続ける男たち モバマス廃人 (三才ムック vol.622)
(2013/06/28)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/156-ce66093c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。