Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 16:24:15 «edit»

Category:虚無の本棚

仮面の忍者赤影 Remains/第1巻 

CYMERA_20130605_161552.jpg
 部屋が暑い!

 クーラー付けたい衝動と戦いながらバトライド。メテオでホワチャー超楽しいです。


 そんな合間に読んだ本のお話。


原作:横山光輝 漫画:神埼将臣
仮面の忍者赤影 Remains/第1巻


赤 影 参 上


 帯にも書かれてますが、新世代横山ヒーロー漫画の新作が来ました。
 まさかの赤影。市川治の声でジャイアントロボと敵対する方ではないタイプの赤影です。ややこしい。

 最近東映youtubeで配信がかかったのも、これの宣伝を兼ねてたのかな。


 さて1巻。

 手がけるは『ドラゴンクエスト 幻の大地』などで有名な神埼将臣さん。
 個人的には『重機甲兵ゼノン』の人って感じですね。そういや『KAZE』とかよく見かけるけど読んでないな。


 メインキャラクターの配置は大体一緒。
 秀吉が「マジかよ」とか言い出す砕けた奴ですが、まあ猿だし。

 赤影さん。
 涼しい顔で頼りになり空飛びながらロケット砲撃っちゃう爽やか無敵忍者なイメージや、岩と融合合体しちゃった人を助けてやろうと言いながらブスリしちゃう人のイメージとも異なり、バトル漫画らしい血気盛んでありながら達観した指針を持つクールガイの兄ちゃんとして書かれてます。目つきが悪い。だがそれが良い。

 超電磁ヨーヨーみたいなスリケンとか、能力を付加させられるスロット装備可能とかカスタマイズ性の高い(ゲーム脳)要素が目新しいですね。元から何でもありだからね赤影の世界。


 青影。

 うわあああああああショタだああああああああ!!

 いや、元からそうですけども。

 一見女の子と見紛うぐらい可愛く描かれています。虫嫌いだし、いやぁぁん!みたいな黄色い声上げるし。可愛い、可愛いぞ青影。でも本人は女の子呼ばわりされるとキレる模様。可愛いぞ青影。
 意外とパワータイプ。青影がピンチになれば赤い人や白い人が来るのが定石なので、1巻では見せ場こそ少ないですが、可愛いからいいんじゃないかな。下手したらヒロインの姫より可愛いぞ。可愛いしか言ってなくね?


 白影さん。
 なんかゴツめの兄ちゃんになってます。
 ていうか右腕がまるごと機械化されてるわ、腕は宙に浮いてるわ、どういう技術なんだニンジャやべえよ怖い。

 特撮版から存在するメカニカル要素をより強調した武装を多数装備。極道兵器というか忍者兵器というか。
 何気に一番早くバックボーンが描かれました。なるほど赤影大好きな理由はそういう事か……(意味深)


 この三人が、甲賀幻妖斎率いる金目教と戦う流れは、特撮版の第一部『金目教編』そのままですね。
 霞谷七人衆や巨大な金目像(ロボ?)、巨大ガマなんかもしっかり出てます。横山版とは違い、あくまで特撮版の赤影のリメイクと言った感じ。アクション描写も流石神崎さんという安定感。

 特に「赤影参上」のシーンは良い。こういう元作品のキーワード+現代の演出を合わせる描き方、大好物です。

 『魂龍』なるスロットに嵌められるパーツが鍵のようで、これを巡ってのドラマになりそうですが、これは甲賀幻妖斎に深く関わるパーツのようだし、卍党や根来、魔風の連中の出番はあるのかな?


 今後も期待の1冊。コミックス派になっちゃいますが、東映配信と合わせて楽しませて貰いましょう。

仮面の忍者赤影Remains 1 (プレイコミックシリーズ)仮面の忍者赤影Remains 1 (プレイコミックシリーズ)
(2013/04/19)
横山 光輝

商品詳細を見る
スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/134-3c0d06dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。