Admin * New entry * Up load * All archives 

駄文置場という名の虚無空間です

 

よし、虚無ろう

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
このページの記事一覧

    

Posted on --:--:-- «edit»

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --

go page top

Posted on 04:53:53 «edit»

Category:火薬戦隊

科学戦隊ダイナマン 第30話『敵はガリ勉進化獣』 

             WS000812.jpg

科学戦隊ダイナマン 第30話『敵はガリ勉進化獣』
 東大ナマン一直線。

 事あるごとにダイナマンに敗北を喫してきたジャシンカ帝国。ついに九本尻尾の帝王アトン様ブチギレ。まあゴズマの星王様辺りと比べるとかなり我慢強かったかと(向こうは2話でブチギレ)。

 今まで勝てなかった理由を模索した結果「勉強が足りなかったから」という結論に達したこの帝国、もう滅びも近いです。

 上記のことを踏まえてしまった結果、頭が良く、勉強が大好きな学ラン姿に必勝ハチマキの進化獣トゲアリシンカさんが誕生しました。頭はどうか知りませんが、見かけは限りなく頭悪い。

 メギド王子「いかにも頭が良さそうな奴だ!」

 頭が悪そうな方のハードルの低さは大したものです。

 必勝ダイナマンを目指して東映からビデオを借りてきたと思しきトゲアリさん、何度も何度もテープが伸びそうなほどに映像を見返し、五人それぞれの技への傾向と対策を講じます。おお、能力を解析されてしまう回というのは面白いですからね。楽しみです。

 かくして準備万端でダイナマンを呼び出したところ、1話のバンクを使って必要以上の大爆発を起こして馳せ参じてくれました。
 勉強してきたトゲアリさんを舐めたような態度で迎え撃つダイナマン達ですが、貴方達も学者の卵なんだから努力する人間を認めてやれよ。あ、人間じゃないのか。じゃあいいや。コロセー。


 しかし、最初は舐めていた五人でしたがトゲアリさんの傾向と対策は見事でした。

 VSダイナイエロー
 …………チェーンクラッシャーが届く前にカウンター撃破

 VSダイナピンク
 …………ショッキングメロディを耳栓で防御


 VSダイナブルー
 …………サーフジェット突撃を真横に避けてブルー岩に衝突事故


 VSダイナブラック
 …………分身の術を使うブラックの本体に目印をつけておいて叩く


 VSダイナレッド
 …………巨大磁石でダイナ剣を引き寄せ、夢の翼封じ


 今まで分かっててもやらなかった回避方法を平然とやってのける!そこに痺れる憧れるゥ!ていうかサーフジェットをひょいっと避けただけで岩に頭から突っ込んだのはクソ笑いました。

 しかし、既存の攻撃パターンは熟知していても、新たな連携攻撃には対応出来なかったトゲアリさん。応用問題の出来ないタイプね!と笑われて崖から落下。メギド王子「落ちた!」受験生的にNGワード。

 泣きながら敗走したトゲアリさん。倒さないあたりやはりこの科学戦隊トゲアリさんを舐めてると思うのですが、努力が水泡に帰した彼は自暴自棄で落ち込み、暴れ、荒れに荒れます。

 王子「暗い、あまりにも暗い……!」王女「まさに試験に落ちた学生って感じね」

 ジャシンカにゃ学校も試験も何にも無いって訳ではないのでしょうか。小学校とかもお受験してたりするんでしょうかこの二人。
 だがここで終わるトゲアリさんではなく、失敗をバネに再びガリ勉開始すると何と彼の体からトゲが生え始めました。そういえばお前名前の割にトゲなかったわ。学生服のせいでそれどころじゃなかったわ。


 カー将軍曰く、このパワーアップこそ真の狙い!的なアレだったらしいのですが、後付けで言った感凄くて笑いそうです。というか、つまりは初戦は負ける事前提だったって事ですよね将軍。酷くね?


 努力は実るもの、という素晴らしい教育番組っぷりを発揮してダイナマンを追い詰めるトゲアリさんは五人をのした後も、驕らずトドメを刺す事を自分に言い聞かせたりと、今までの進化獣とは一線を画す発想。
 これは勝てる!と思わず応援してしまいましたが、突如「あの辛い特訓を乗り越えてきた俺達がこんなところで負けるはずがないんだ!」と見た事のない特訓シーンを回想し始める五人。

 それぞれが激しいトレーニングを積んでいますが、夢野先生ったら北斗と互角に戦ってるぅー!?カッケエェェ。
 この特訓が活きてトゲアリさんの予想を超えた力を発揮したダイナマンは勝利を掴みます。やはり教科書なんかひっくり返しても何にも見つからないのです。ささきいさお大王が言ってました。


【今週のメギド王子】
「うむ!成績表をつけてやろう!(嬉々)」→トゲアリ勝利→「いいゾいいゾ~(○つけながら)」→トゲアリ敗北→メギド王子「また落ちた!!」→成績表投げ捨て帰宅


 ホント楽しそうだなーこの帝国。

 どうもジャシンカはビッグバンプログレスを重要視していないようで、進化獣が巨大化する頃には既に作戦を捨てている傾向が見られます。今回もトゲアリプログレスする前に王子達帰っちゃったし。まあすぐ負けるんで気持ちは分かりますけどね。はい、重力落と死。


 今回、北斗が自家用立体テレビとかいう近年ようやく一般の手にも渡るようになったものを自前で開発しているシーンとかありましたが、北斗さんが何の研究者なのか時折自分でも分からなくなってるんじゃないかと思います。


科学戦隊ダイナマン VOL.3 [DVD]科学戦隊ダイナマン VOL.3 [DVD]
(2008/01/21)
特撮(映像)、沖田さとし 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

go page top

 コメント 

go page top

 コメントの投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ykitama.blog.fc2.com/tb.php/131-03cb7099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。